宇留布都神社古社地 (明和町)

三重県の宇留布都神社古社地(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの内座に鎮座していた。
23号線の養川交差点から北へ600mほど、小学校の北、幼稚園の横にある。

現在は宇呂豆の大日堂と呼ばれる小さなお堂が立っている。

『式内社調査報告』によると、当地には昔、式内社・宇留布都神社が鎮座していたという。

城主北堂左京大輔崇敬の神社で、元享年中(1321~1324)当地の東200mほどの自然堤防の上に遷座された。

また、弘仁年間(810~824)、空海がこの地に立寄り当社祭神の大日孁命の本地仏として大日如来を刻み、一寺を建てて奉安したという。

保元年間(1158~1159)に兵火にかかり焼失。江戸時代、里の西方大日山(現在地か)に一宇を建て、江戸末期頃に金剛界大日小像を祀ったという。

宇留布都神社は後に八王子社となり、慶応四年、宇気比神社と改称。明治五年、村社に列し、明治四十一年、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、合祀時点の古社地は田圃整備で消滅した。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:45 午前

御山御前神社跡地 (明和町)

三重県の御山御前神社跡地(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北7Kmほどの濱田に鎮座。
祓川の右岸、河口部近くの濱田集落の西側、「浜田公民館」の南にある。

『式内社調査報告』によると、畠田神社に合祀された式内社・守山神社の論社である御山御前神社は、かつて濱田に鎮座しており、古社地に山神が祀られているとあったので、同書の地図の印の位置に行ってみた。

方形の石台の手前に数段の階段があり、「山神」と刻まれた石碑が数本。
いくつかの灯籠の残骸があり、奥の木の根元にも石碑があるが、摩耗してよく読めなかった。

たぶん、ここが御山御前神社の古社地だと思うが、他の畠田神社に合祀された神社の古社地のような案内板や石碑が立っておらず、周囲に話を聞ける人もいなかったので、確証は無いのだが。

御山御前神社の創祀年代は不詳。
当地は『神鳳抄』に「外宮領濱田御薗」とある地。
御薗や神田があり、漆や桑の木の森林があり、漆液や桑の葉などを献上していたという。

その森林を神山、御山と呼び、その守護神として山神が祀られ、江戸時代には守山神社、俗に御山御前と呼ばれていたようで、式内社・守山神社の論社となっている。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 4:03 午後

伊呂上神社舊跡 (明和町)

三重県の伊呂上神社舊跡(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北7Kmほどの八木戸に鎮座。
23号線行部2交差点から北に入った場所、伊勢湾に流れる笹笛川の河口付近、八木戸橋の東詰にある八木戸集落にある。

当地は、現在中村鎮座の畠田神社に合祀されている伊呂上神社の跡地。
八木戸の南側にある公園の奥に「伊呂上神社舊跡」と刻まれた石碑が立っている。

伊呂上神社の創祀年代は不詳。
明治までは八王子社と称された八木戸村の産土神。
明治四十一年三月二十七日(あるいは四月一日)、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、同年八月十三日、その畠田神社は中村へ遷座した。

伊呂上神社は式内社・伊呂上神社に比定されている古社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 2:46 午後

根倉・國之御神社跡地(明和町)

三重県の根倉・國之御神社跡地(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの根倉に鎮座。
23号線行部2交差点から北に入った根倉集落の西側にある。

当地は、現在中村鎮座の畠田神社に合祀されている根倉神社と國之御神社の跡地。
社地は南向きで鳥居が立っており、鳥居の奥に「延喜式内根倉神社」「延喜式内國乃御神社」と刻まれた二本の石碑(社号標)。
その奥の石台の上に玉砂利が敷き詰められ、石台の北端に祠が一つ祀られている。

根倉神社の創祀年代は不詳。
明治までは御魂社と称された根倉村の産土神。
明治四十一年三月二十七日、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、同年八月十三日、その畠田神社は中村へ遷座した。

國之御神社の創祀年代も不詳。
明治までは八王子社とも土御祖神とも称されていたが、根倉神社とともに、明治四十一年北藤原鎮座の畠田神社に合祀された。

元は、根倉神社は根倉村字豆垣内に、國之御神社は根倉村字東川に鎮座していたらしいが、畠田神社に合祀以前には現在地に二社祀られていたようだ。

國之御神社は式内社・國乃御神社に比定されている古社。
根倉神社は、その社号から式内社・櫃倉神社に比定されている古社。
櫃倉は根倉の誤記であるという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 1:45 午後

井波八幡宮 (南砺市)

富山県にある、井波八幡宮(南砺市) を掲載しました。

富山県南砺市(旧井波町)にある。
南砺市役所井波庁舎の南、直線で500mほどの松島にある井波城跡に鎮座。
戦国時代の城塞都市のような雰囲気の町の中に境内がある。

境内入口は北西向き。
参拝は晩秋10月後半の朝。
昇る朝日に向って緩やかに上る参道を歩くと逆光の鳥居。
鳥居の右手に手水舎があり、参道正面、境内の南東隅に当社の社殿。
拝殿は銅板葺入母屋造。後方の本殿は木々で良く見えなかったが瓦葺流造のようだ。
ひょっとすると見えているのは覆屋で、中に祠があるのかもしれない。

境内は広く、境内左手には綽如上人瑞泉寺創立之霊跡、霊水・臼浪水がある。
南北朝の頃、本願寺五世綽如上人が建立した瑞泉寺の古跡で、
綽如上人が「此地に霊水あり、故に瑞泉寺と称す」と記したという。
現在、瑞泉寺は当社の西側にある。

当社の正式名は「八幡宮」だが、他の八幡宮と区別して、
鎮座地名を冠して井波八幡宮と通称されている。

上記のように、当社境内は瑞泉寺の古跡。
瑞泉寺は一向一揆の拠点となり、寺の周囲に土塁や外堀を築いて
利波城(又は井波城)と称されていたが、
天正九年(1581)に武将の佐々成政に攻められて町家とともに兵火にかかった。
その後、成政の家臣前野小兵衛が入って城として整備され、
瑞泉寺阿弥陀堂跡が本丸、祖師堂跡が二ノ丸、太鼓堂跡が三ノ丸になったが、
数年後の天正十三年には前田利家に攻められて落城した。

正保二年(1645)、近郷四十八カ村の惣社であった谷鎮座の大森神社を
井波八幡宮として東井波に奉遷の総意となり、現在地、古城本丸西土居の上に遷座。
明暦三年(1657)には西土居を切抜いて道がひらかれ、
その後、嘉永五年(1852)に本殿、翌六年に拝殿が造営された。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 4:46 午後

大森神社 (南砺市)

富山県にある、大森神社(南砺市) を掲載しました。

富山県南砺市(旧井波町)にある。
南砺市役所井波庁舎の南西2Kmほどの谷に鎮座。
21号線を南西に進み、谷のあたりで南へ入った場所に境内がある。

境内入口は北西向き。
鳥居の右脇に「大森神社」と刻まれた社号標が建っており、
左手には庚申塔のような彫刻のある石碑。
炎が見られるのでひょっとすると不動明王かもしれない。

鳥居をくぐると正面に社殿。
拝殿の前面はガラスで覆われており、中を覗くと「大森神社」と記された扁額。
拝殿後方の本殿は覆屋の中で確認できなかった。
拝殿の左手に境内社のようなお堂のような社殿があるが詳細は未確認。

参拝は晩秋10月後半の朝。
社殿の後方から、朝日が射し込んで、なんだか神々しい。

創祀年代は不詳。
井波八幡宮の由緒によると、往古、八乙女の山頂近くの神陵と崇められた双陵
(荊塚ともいわれ、また古く鳥居が並び立っていたとかで二有鳥居塚、
後の人誤って二羽鳥塚、鶏塚)に向って正面、
山斐郷西井波の地内、谷の大森に鎮座していたといい、
その頃の谷の社地は大樹鬱蒼としていたから大森と呼ばれたとか。

明徳四年(1393)頃、山城国綴喜郡男山八幡を勧請し、
本殿を建築して以降、八幡宮と称されるようになった。
式内社・荊波神社の論社の一つである古社。

正保二年(1645)、近郷四十八カ村の惣社であった当社は
井波城跡の東井波に、井波八幡宮として奉遷されたが、
その後も祭祀は継続され、明治になって村社に列せられた。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 4:44 午後