銭洗弁財天宇賀福神社

神奈川県にある銭洗弁財天宇賀福神社 を掲載しました。

神奈川県鎌倉市にある。
鎌倉駅の北西1Kmほどの佐助に鎮座。
鎌倉駅から西へ進み佐助の交差点で北上するが車は一方通行で入れないようだ。

その道をまっすぐ進むと、やがて坂道になり、
坂道の途中、岩壁の前に当社の鳥居。
左手に「錢洗辨財天 宇賀福神社」と刻まれた社号標が立っている。
鳥居の奥はトンネルの参道。トンネルをくぐると当社境内がある。

境内を奥へ進むと授与所があり、授与所の隣りに当社の本宮。
本宮に向って左手に岩窟があり、岩窟の中に奥宮が祀られている。

「銭洗弁財天」として全国でも有名な神社。
平日にもかかわらず多くの参詣客で賑わっていた。
奥宮のある岩窟の中に泉があり、その泉で銭を洗って使うと
何倍にもなって返ってくると言われている。

僕もお札を洗って財布に入れていたのだが、
うっかりとして、しばらく使わずに放置していたせいか、
お札が増える事は無かった。

創祀年代は不詳。
社伝によると、鎌倉幕府を樹立する源頼朝は、
戦乱により疲弊した人民の暮らしを憂い神仏に祈りを捧げていたが、
文治元年(1182)、巳の月、巳の日、夢枕に一人の老人が現われ、
西方の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ、自分はその隠里の主である宇賀福神であると告げた。
そのお告げの通り霊水が発見され、宇賀福神を祀ったのが当社の起源であるという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 12:34 午後