根倉・國之御神社跡地(明和町)

三重県の根倉・國之御神社跡地(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの根倉に鎮座。
23号線行部2交差点から北に入った根倉集落の西側にある。

当地は、現在中村鎮座の畠田神社に合祀されている根倉神社と國之御神社の跡地。
社地は南向きで鳥居が立っており、鳥居の奥に「延喜式内根倉神社」「延喜式内國乃御神社」と刻まれた二本の石碑(社号標)。
その奥の石台の上に玉砂利が敷き詰められ、石台の北端に祠が一つ祀られている。

根倉神社の創祀年代は不詳。
明治までは御魂社と称された根倉村の産土神。
明治四十一年三月二十七日、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、同年八月十三日、その畠田神社は中村へ遷座した。

國之御神社の創祀年代も不詳。
明治までは八王子社とも土御祖神とも称されていたが、根倉神社とともに、明治四十一年北藤原鎮座の畠田神社に合祀された。

元は、根倉神社は根倉村字豆垣内に、國之御神社は根倉村字東川に鎮座していたらしいが、畠田神社に合祀以前には現在地に二社祀られていたようだ。

國之御神社は式内社・國乃御神社に比定されている古社。
根倉神社は、その社号から式内社・櫃倉神社に比定されている古社。
櫃倉は根倉の誤記であるという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 1:45 午後