竹大與杼神社 (明和町)

三重県の竹大與杼神社(明和町) を掲載しました。

三重県の明和町にある。
近鉄明和駅の北西5Kmほどの大淀に鎮座。
713号線を北上し23号線を越えて60号線に入って西へ進み、大堀川を越えて200mほどで海側(北東)へ入った場所に境内にある。

境内入口は北東向き。
鳥居の右脇に「延喜式内竹大與杼神社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐり参道を進むと右手に手水舎。
参道奥に当社の社殿が南東向きに並んでいる。
拝殿は切り妻造平入で、背後の垣の中に神明造の本殿。

拝殿の右手には祓所と大霊社(護國の英霊)。
左手には豊歳稲荷神社(宇賀魂神)と山神、橿原神宮遥拝所などがある。

参拝は三月中旬。天気の良い日の正午頃。境内に茂る木々の木漏れ日が暖かい。そんな参拝だった。

『倭姫命世記』によると、垂仁天皇の御代、皇女倭姫命が天照大神の御神霊を奉載し、飯野の高宮より五十鈴川上に行幸のおり、佐々牟江宮から大淀浦を航行の際、風浪がなくて海水が「大与度に与度美」て御船の航行が安全であったため、倭姫命は大いに喜んで大与度社を定められたという神社で、式内社・竹大與杼神社に比定される古社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 2:29 午後

竹佐々夫江神社 (明和町)

三重県の竹佐々夫江神社(明和町) を掲載しました。

三重県の明和町にある。
近鉄明和駅の北西5Kmほどの山大淀に鎮座。
713号線を北上し23号線を越えて60号線に入り西へ1.5Kmほどで海側(北東)へ入った場所。公民館の隣り、観福寺の脇、というか同一の境内にある。

境内入口は北東向き。鳥居をくぐり参道を進んで突き当たりを右に曲がると正面に社殿。拝殿は切り妻造平入で、背後の垣の中に神明造の本殿がある。

社殿の左手が小さな林になっており、その林の中に小石や山神の石碑が祀られていた。石の周りに竹の垣が施され、石の前には竹で作られた小さな鳥居。当社の社号に相応しい心配りなのかもしれないな、などと想像しながらの参拝。

『倭姫命世記』によると、垂仁天皇二十二年、皇女倭姫命が天照大神の御神霊を奉載し、飯野の高宮より五十鈴川上に行幸のおり、佐々牟江に船を留め、その地に佐々牟江宮を造営したという古社で、式内社・竹佐々夫江神社に比定される古社。

竹佐々夫江神社の竹は多気郡の意味で、多気郡の佐々夫江神社ということらしい。

江戸中期には知地の御前と呼称され、佐々夫江橋付近に奉斎されていたが、後年現在地に遷座された。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:27 午後

伊豆神社 (阿南町)

長野県にある、伊豆神社(阿南町) を掲載しました。

長野県の阿南町にある。
阿南町役場の南西15Kmほどの新野に鎮座。
151号線(遠州街道)を南下し、418号線と交わるあたりから500mほどで西へ入ると、道路脇に鳥居と「伊豆神社」と刻まれた社号標が立っている。

境内は鳥居から石段を上ったところ、新熊山中腹にあるのだが、鳥居の南へ100mほどの場所から境内近くへ続く車道がある。

車道を上り車を停めて階段を上ると右手に手水舎。
正面にある二本の木に渡された注連縄をくぐると広い境内。
正面に当社の社殿があり、右手に神楽殿。
社殿と神楽殿の間に石碑が立っているがちゃんと確認しなかった。
『日本の神々』によると「御神木遺跡」と呼ばれるもので周囲五〇尺の神木があったが、明治三年に倒れたという。

拝殿は瓦葺入母屋造平入り。後方の本殿は神明造。拝殿の扁額に「伊豆神社」。
『平成祭データ』など神社庁資料には当社の社号は伊豆社となっている。

境内の案内板によると、鎌倉時代、伊豆国の人、伊東一族が流転の末にこの地に来たり、生国の伊豆山権現を迎えて祀ったという古社。

当社の「雪祭の芸能」は日本の伝統芸能の原点といわれ折口信夫は「日本の芸能を学ぶものは、一度見る必要のある祭り」と言ったといい、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

古くは正月神事、御神事、田楽祭、おささらなどと呼ばれたが雪を豊作の予兆とみて、雪を稲穂に見立てて神前に供え豊年を願うゆえ、折口信夫によって雪祭と呼ばれるようになった。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 9:37 午後

須原大社 (伊勢市)

三重県の須原大社(伊勢市) を掲載しました。

三重県伊勢市にある。伊勢市駅の西500mほどの一之木に鎮座。
豊受大神宮別宮である月夜見宮の西、道路を挟んで境内がある。

境内入口は、その道路に面して東向き。
鳥居をくぐると左手に手水舎があり、右手に南面して社殿がある。
拝殿は切妻造。拝殿内の扁額に「須原大社」と記され、拝殿の奥に垣に囲まれて神明造の本殿。

境内の左手には須原稲荷神社が鎮座。
当社社殿と須原稲荷神社の間にも社殿があり、社殿の前に木と石が祀られている。
『三重県神社誌』には境内社として稲荷社と並社(なろうやしろ)の名があり、並社は石神を祀っているらしいのでこれだろう。また石の前に「遥拝所」と刻まれた石柱が立っているが、どこかの遥拝所でもあるのだろうか。

参拝は式年遷宮を終えた外宮参拝後の三月。社殿の前に白梅が咲いていた。

創祀年代は不詳。須原地区の産土神として尊崇された神社で、かつては「大社」とのみ称していたらしい。

月夜見宮の境内に式内社・川原坐國生神社とされる高河原神社が寛文三年に復興されたが、当社がその古社地であるとする説があるらしい。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:00 午前

川添神社 (大台町)

三重県の川添神社(大台町) を掲載しました。

三重県の大台町にある。
紀勢本線栃原駅の東200mほどの栃原に鎮座。42号線の西側にある南北に長い広大な森が当社の境内。

境内入口は南向き。道路に面して石鳥居が立っており、鳥居の右手に「郷社川添神社」と刻まれた社号標。鳥居をくぐると、森の入口に木の鳥居。その鳥居をくぐると緩やかに下る参道。参道を下ると御手洗川にかかる神橋がある。

神橋の右手に手水舎があり、正面の階段を上ると社殿ある砂利の境内。
手水石の前に鉄の踏み板があり、その板を踏むと龍口から水が流れ出てくる仕組み。
無人の神社では手水が汚れた神社が多いのだが、これだと安心して手水を使うことが出来る。

階段を上ると清浄な神域。
社殿が二つ南面して並んでおり、階段正面が祖霊社、左手が当社の社殿。
祖霊社の右には神宮遥拝所がある。

社殿は舞殿のような拝殿と、拝殿の後方、垣に囲まれて神明造の本殿。
境内に「平成二十三年式年遷宮奉賛者」の名が記されていたので、神宮に先立って平成二十三年に建て替えられたようだ。
本殿のある垣の中、本殿の右手に石碑が立っていたが何だろう。

参拝は三月の曇天の日の午後四時頃。
境外は明るかったが、森の中はやや暗く、参道の灯籠には灯りが灯っていた。
綺麗に整備された神社はとにかく清涼感に溢れており、
手水の仕組み一つとってみても氏子の方々に愛され護られている神社なのだとわかる。

創祀年代は不詳。
一説には大和朝廷成立期の創祀。
栃原の山賊を討伐平定し統治した建日別命と天手力雄命を祀り、往古、栃原村、新田村の産土神として建日別神社、あるいは建比良辺神社と称し、栃原大宮、五身懸(ゴミカケ)の宮などと通称されていた。

当社地の小字名を牟山と称し、式内社・相鹿牟山神社二座の論社の一つ。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 3:57 午前

横手駒ケ嶽神社 (白州町横手)

山梨県にある、横手駒ケ嶽神社(白州町横手) を掲載しました。

山梨県北杜市(旧白州町)にある。
山梨県と長野県の県境に聳える甲斐駒ケ岳(2967m)の東麓。
20号線付近にある北杜市白州総合支所から614号線に入って道なりに西南へ3Kmほど進み、そこから西へ入った場所、白州町横手に鎮座。

山梨県側の甲斐駒ケ岳への登山口はここ(竹宇地区)と横手にあり、それぞれの登山口に駒ケ嶽神社が鎮座しており、地元では横手駒ケ嶽神社、竹宇駒ケ嶽神社と区別して読んでいるようだ。ただし、当社の境内由緒書きや資料などには駒ケ嶽神社とのみ記されている。

境内入口は南向き。社前数十メートル南と境内西側に駐車スペースがあり、参拝者のみならず甲斐駒ケ岳登山客も利用できるようだ。

境内入口の鳥居をくぐると右手に手水舎、左手に神楽殿。正面に当社の社殿がある。
境内は傾斜地にあり、社殿後方には多くの祠や石碑が立っている。切妻造本殿の後方には駒嶽大権現(大己貴命)、麻利支尊天(手力男命)。他にも観世音菩薩、刀利天狗(猿田彦大神)、刀利大権現(少彦名大神)、七丈嶽子安大明神、駒嶽馬頭観世音、天津火之大神(三宝荒神)、妙見大菩薩、成田不動明王、秋葉大権現、神変大菩薩、役の行者など。

社殿の左手に剣が逆さに建てられ、御神木の後方境内左手には甲斐駒ケ岳登山道を開いた信濃国の延命行者を祀った開山堂。開山堂の周囲には多くの霊神の石碑が並んでいる。

社伝によると、神代の昔、建御名方命がこの地に至りし時、雄大にして崇高な駒ケ岳の姿にうたれ、「この山はいと高く清々しき地なり、かれここにあが御親の神を祭るべし」と言ったのが当社の始まりで、後、雄略天皇の御代二年六月に改めて雲州宇迦山(出雲大社)より遷祀したと伝えられている古社。

文化十三年(1816)六月、信濃国の延命行者(小尾権三郎)が駒ケ岳に入山し、始めて登山の途を開かれ、以来、山岳信仰、神仏習合の神社として発展し県の内外に多くの講社が結成された。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 6:53 午後