小菅神社 里社 (飯山市)

長野県にある、小菅神社里社(飯山市) を掲載しました。

長野県飯山市にある。
飯山線戸狩野沢温泉駅の南東5Kmほどの瑞穂に鎮座。戸狩野沢温泉駅から東へ進み、千曲川のかかる柏尾橋を渡って、117号線に入って南下。常盤大橋を渡って再度千曲川を越え、117号線の大関橋西詰から東へ進んで再々度千曲川を越えて38号線へ入り200mほど北上。38号線から東へ2Kmほどの場所に境内がある。

当社小菅神社は、江戸時代までは修験道の古刹である小菅山元隆寺と一体であった。東の山の山頂近くに奥社があり、中腹の町中に里社がある二社構成の神社。

境内に向う参道には大きな二之鳥居が立ち、突き当たりに仁王門。元隆寺の西大門らしい。その仁王門の右手の道を進むと、道の北側(左)に境内入口がある。

「小菅宮」と扁額のある鳥居をくぐり参道を進むと、正面に階段。参道には月神、猿田彦大神と刻まれた石碑や、天保の頃の万葉歌碑が立っており、歌碑には「浅葉野に立ち神さぶる菅の根のねもころ誰故わが恋なくに」という詩が刻まれている。

参道の右手、境内の横に広場があり、大きな小菅山元隆寺講堂がある。武田信玄の侵攻により焼失し、元禄十年(1697)飯山城主松平忠喬によって修復したもの。
この講堂前広場では、豊作祈願にあわせ修験者達が行った験くらべを今に伝わった「小菅の松子」が行われる。広場に雑木を山ブドウの蔓で束ねた高さ4mの柱松二基を立て、火打ち石と火打ち金を用いて柱松の上の尾花のどちらに先に火が着くかを競い、東が勝てば天下太平、西が勝てば五穀豊穣となる。神事に使われた松榊や尾花は虫除けになるとされ、見物人が争って奪い合うらしい。

参道に戻り階段を上ると社殿のある境内。参拝は十一月末の朝。境内は濃い霧が立ち込め、昇った朝日が射し込んで神秘的な聖域となっており、苔生した手水鉢が良い雰囲気だった。

拝殿(舞殿かもしれない)の後方に当社の本殿。他には神輿殿や神馬庫なども立っている。

昔、奥ノ院(奥社)の絵馬に書かれた神馬が毎夜麦畑を荒らすので描かれていなかった手綱を描き足したところ出なくなったという伝説が残っている。

奥社の鎮座する小菅山は、戸隠山・飯綱山と併せて奥信濃三山と称された修験道の霊山。

社伝によると、奥社は天武天皇白鳳八年(679年)、役小角によって勧請され、里社は大同元年(806)に創立されたという。

役小角が小菅山に登り、素盞雄尊の神託を得て、熊野、金峰、白山、山王、立山、走湯、戸隠の神々を山腹の石窟に合祀し、八所大権現と称され、のち、行基が当社に参籠し馬頭観音を安置してより、神仏混淆の社となった。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 9:03 午後

相鹿上神社 (多気町)

三重県の相鹿上神社(多気町) を掲載しました。

三重県の多気町にある。
紀勢本線の相可駅の北西500mほどの相可(おうか)に鎮座。
421号線を西へ進み、160号線に入って北上すると16お号線の東に境内がある。

参道入口は160号線に面して西向き。鳥居の脇に「相鹿上神社」と刻まれた社号標。
ただし東側にも参道入口の鳥居が立っている。
境内そのものは南北に長く、境内の北側に境内入口の鳥居が立っている。
鳥居をくぐると砂利の境内。境内奥(南側)に北向きの社殿がある。

参拝は平成26年3月。境内の案内板によると平成27年3月に、
当社でも20年に一度の式年遷宮が行われるらしく、
当ページ作成日である平成27年5月にはすでに新しい社殿になっているかもしれない。

境内には「式内伊蘇上神社」と刻まれた石碑が立っている。
当社にはいくつかの式内社が合祀されており、伊蘇上神社はその中の一つ。
というより当鎮座地は、元は伊蘇上神社の境内であったらしい。

また「里人傳 倭姫命御巡行遺跡」と刻まれた石碑もある。
当地に鎮座していた伊蘇上神社を、倭姫命による皇大神の伊勢御遷幸に登場する
磯宮・伊蘓宮とする説があるらしい。

創祀年代は不詳。
明治四十一年の合祀以前は字内畑に鎮座しており、
その鎮座地は、江戸時代には上相可村字上町と称していたといい、
式内社・相鹿上神社に比定された古社であった。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:00 午後

銭洗弁財天宇賀福神社

神奈川県にある銭洗弁財天宇賀福神社 を掲載しました。

神奈川県鎌倉市にある。
鎌倉駅の北西1Kmほどの佐助に鎮座。
鎌倉駅から西へ進み佐助の交差点で北上するが車は一方通行で入れないようだ。

その道をまっすぐ進むと、やがて坂道になり、
坂道の途中、岩壁の前に当社の鳥居。
左手に「錢洗辨財天 宇賀福神社」と刻まれた社号標が立っている。
鳥居の奥はトンネルの参道。トンネルをくぐると当社境内がある。

境内を奥へ進むと授与所があり、授与所の隣りに当社の本宮。
本宮に向って左手に岩窟があり、岩窟の中に奥宮が祀られている。

「銭洗弁財天」として全国でも有名な神社。
平日にもかかわらず多くの参詣客で賑わっていた。
奥宮のある岩窟の中に泉があり、その泉で銭を洗って使うと
何倍にもなって返ってくると言われている。

僕もお札を洗って財布に入れていたのだが、
うっかりとして、しばらく使わずに放置していたせいか、
お札が増える事は無かった。

創祀年代は不詳。
社伝によると、鎌倉幕府を樹立する源頼朝は、
戦乱により疲弊した人民の暮らしを憂い神仏に祈りを捧げていたが、
文治元年(1182)、巳の月、巳の日、夢枕に一人の老人が現われ、
西方の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ、自分はその隠里の主である宇賀福神であると告げた。
そのお告げの通り霊水が発見され、宇賀福神を祀ったのが当社の起源であるという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 12:34 午後

今城青坂稲實池上神社 (上里町忍保)

埼玉県の 今城青坂稲實池上神社(上里町忍保) を掲載しました。

埼玉県の上里町にある。
高崎線・神保原駅の北1.5Kmほどの忍保(おしぼ)に鎮座。
駅前の道を北上し、17号線を越えて突き当たると石神社があり、左手の道を進むと当社の社域の杜に到着する。杜の前に社号標が立っており、入口には石の鳥居。

鳥居をくぐり木漏れ日の中の参道を進むと社殿のある境内。
左手に手水舎があり、赤い両部鳥居が立っている。
鳥居の扁額には「延喜式内 今城青坂稲實池上神社」とあるが、「坂」の土偏が師の偏となっており「阪」に近い文字。こういう文字があるのだろうか。

その鳥居をくるぐと正面に社殿。拝殿は瓦葺入母屋造で、後方の本殿は覆屋の中。

参拝は四月の後半。早朝日の出の頃。朝日が射し込む、清々しい境内だった。

創立年代は不詳。社伝によると和銅四年(711)勧請の古社で忍保庄の総社。
式内社・今城青坂稲實池上神社の論社の一つ。今城青坂稲實池上神社の論社は多いが、鎮座地の小字が稲実であり当社は有力な論社とされている。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:21 午後

畠田神社 (明和町)

三重県の畠田神社(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの中村に鎮座。
23号線中村3交差点から北に入った中村集落の北東隅に境内がある。

境内入口は南東向き。
入口の正面に神宮遥拝所の石が祀られ、その近くに「式内畠田神社」と刻まれた社号標が北向きに立っている。

数段の階段を上ると鳥居があり、鳥居の奥が境内。境内社殿の前にも鳥居があり、境内左手に手水舎。右手には横向きに祖霊社が祀られている。

拝殿は切妻造平入だが左右に突き出して二重になっており、前面には千鳥破風がせり出したような構造。後方の垣の中には神明造の本殿がある。

創祀年代は不詳だが、式内社・畠田神社三座に比定される古社。

『三重県神社誌』によると、平安時代には当地周辺は藤原と称し、一所に三座並立に祀られていたが、吉野朝時代に伊勢国司北畠顕能卿が藤原を、南藤原・中藤原・北藤原の三村に分離。畠田神社三座も三村に分祀されたという。

明治三十九年十二月二十五日、神饌幣帛料供進社に指定され、明治四十一年四月一日、北藤原の畠田神社に境内社八幡社ほか中村の畠田神社、南藤原の畠田神社など旧下御絲地区(中村、北藤原、南藤原、川尻、内座、養川、田屋、志貴、八木戸、濱田、根倉)の二十四社を合祀し、畠田神社と単称。同年十月十日、中村の畠田神社旧社地に遷座し、現在に至る。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 3:39 午後

石田神社舊跡 (明和町)

三重県の石田神社舊跡(明和町) を掲載しました。

三重県明和町にある。近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの養川(ようかわ)に鎮座。23号線養川交差点から707号線を北へ400m入った場所、707号線の西側にある。

東西に長い敷地の西奥に石組があり、その上に「石田神社舊跡」と刻まれた石碑が立っている。当地は、現在中村鎮座の畠田神社に合祀されている石田神社の跡地。

石田神社の創祀年代は不詳。一説には、人皇六十八代後一条天皇の御宇、萬寿二年(1025)十一月二十二日、熊野三所権現を勧請したという養田村(現在の養川)の産神で、熊野三所権現、十二社権現とも称されていたらしい。

明治三十八年十二月十八日、無格社宇気比神社および天神社を合祀。明治四十一年三月二十七日、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、同年八月十三日、その畠田神社は中村へ遷座した。

当社は式内社・石田神社の論社だが、異説も多い。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:47 午前
1 2 3 4 5 6 393