末廣稲荷神社 (下関市稲荷町)

山口県の末廣稲荷神社(下関市稲荷町)を掲載しました。

下関駅から東へ3Kmほどの赤間町に鎮座。
唐戸市場の北にあり、9号線から300mほど入った場所。
ホテルの裏側、路地の奥、階段上の狭い境内に朱の社殿がある。
参道には稲荷らしい朱の鳥居が数基並んでいる。

現在の住所は赤間町だが、昔は稲荷町と呼ばれた遊郭街。
一説には壇ノ浦で敗れた平家の女官たちが平家一門の菩提を弔い
遊女となったという。

幕末の志士たちが闊歩したと言われる繁華街にあり
大きな神社だったようだが、空襲によって焼失し
その後復興されたが、往時の様子は留めていない。
社伝によると大同四年の創祀。
赤間関(下関)最古の稲荷神社だそうだ。

正式社号は稲荷神社だが、末広稲荷として親しまれている様子。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:49 午後