五百井神社 (栗東市)

滋賀県の 五百井神社(栗東市) を掲載しました。

滋賀県栗東市にある。
草津駅の東4Kmほどの下戸山に鎮座。
金勝川に沿って117号線を東へ。
名神高速を越えて1Kmほどの場所から北上すると
安養寺山の麓に鳥居が見えてくる。

農道の参道を進むと鳥居が立っており、
鳥居右手に「五百井神社」と刻まれた社号標があるが
鳥居の扁額には「蘆井神社」と書かれていた。

当社の社号「五百井」は「いおのい」と読む。

鳥居からさらに参道を進むと境内。
境内中央に拝殿があり、境内奥の石組みの上、
階段を上ると社殿がある。
階段の左手に、石の垣に囲まれた場所があるのだが、
社名から井戸でもあるのかと想像していたが、
何かの植物が茂っていた。

本殿は垣に囲まれた流造。

山の麓にある境内で、周辺は田園。
参拝は年末の休日の午後。

創祀年代は不詳。

古代豪族蘆井造の祖を祀った神社と考えられているが
社伝によると、甲斐国大井俣神を勧請したという。

下砥山村(現、下戸山)の鎮守として崇敬された神社で
式内社・蘆井神社に比定されている古社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:19 午後