桐生天満宮 (桐生市)

群馬県の桐生天満宮(桐生市)を掲載しました。

群馬県桐生市にある。
桐生駅の北東2Kmほどの天神町に鎮座。
66号線(本町通り)を北上すると、当社正面に到着する。

境内入口は南やや西向き。
大きな神明鳥居の一之鳥居が立っており、右手に「桐生天満宮」と刻まれた社号標。
資料によると、当社の正式名は「天満宮」らしいが、
桐生天満宮と通称されているようだ。

鳥居をくぐり参道を進むと、二之鳥居が立っており、御神木の大銀杏。
参道の右手に機神神社(栲機千千姫命)が祀られている。

上毛かるたにも「桐生は日本の機どころ」とあり、桐生は織物の盛んな土地。
関ケ原合戦の際、軍旗に用いる旗絹を当社の御神前に供えて戦勝祈願し、
その勝利凱旋を吉例として境内にて織物市が開設されて、
後の桐生織物繁栄の礎となったということで、その織物の神を祀ったのだろう。

さらに参道を進むと、石橋やからくり人形水車などがあり、境内左手に財福稲荷。
財福稲荷の脇に南蛮燈篭があり、境内社を合祀した宝船神社。
宝船神社には、大国主大神、事代主大神、大宮能売大神、天鳥船大神、
少彦名大神、須佐之男命、伊邪那岐命・伊邪那美命などが祀られている。

参道正面に神門があるが、神門の手前に芭蕉句碑と牛石。
昔、神様が怠け者の牛を綱でつないで反省させようとしたが、
怠け者の牛は反省せずに石になってしまったという。
「牛石やひかれ手綱に糸さくら」芭蕉句碑

神門をくぐると正面に社殿。社殿全体は拝殿幣殿本殿を連結した権現造だが、
拝殿自体は入母屋造。本殿(群馬県指定の重要文化財)は流麗な流造。
この社殿は安永七年(1778)に起工し、寛政五年(1793)に落成したもの。
当社は「岩の上の天神」とも称されるようで、本殿・幣殿は岩の上に建っているらしい。
本殿後方から見ると、垣の中に立て岩らしきものが見えたが、その岩の一部だろうか。

参拝は十一月の中旬。
社殿では七五三か初宮詣の祈祷が行われていたようだった。

当社は関東五大天神の一社。(残り四社はどこだ?)

社伝によると景行天皇の御代、上毛野君御諸別王が当国の国造となり、
土師部の氏人に、天穂日命を当郡磯部の岡に奉斎させ、磯部明神と称したという。
上野国神名帳にも「山田郡従四位上礒部明神」とある古社。

文治三年(1187)桐生家の祖藤原綱元が当地を領し、
綱元の末孫・国綱の時に桐生に遷座。
観応年間(1350頃)、桐生家に縁の北野天満宮より
菅原道真公の神霊を勧請合祀し桐生天満宮と改称。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 6:14 午後