進雄神社 (高崎市)

群馬県の進雄神社(高崎市)を掲載しました。

群馬県高崎市にある。
高崎駅の東3.5Kmほどの柴崎町に鎮座。
354線(高崎第二バイパス)から少し南に入った場所に広い境内がある。

境内入口は南向き。正確には西南向き。
愛知の津島社からの勧請ということで、本社の方向を向いているのかと、
日本地図で調べてみたが、津島市は西南西方向だった。残念。

道路に面して大きな赤い鳥居が立っており、鳥居をくぐり参道を進む。
参道の左手は大きな駐車場になっており、百台以上は停められそうだ。
その参道を進むと、社殿のある境内入口に木製の鳥居と
「郷社 進雄神社」と刻まれた社号標が立っている。

参道を進むと右手に手水舎があり、左手に御神木。
池にかかる橋を渡ると、広くて綺麗な境内がある。

境内右手に神楽殿があり、左手には社務所。
境内奥(北側)に社殿がある。
拝殿は銅板葺入母屋造。後方の本殿は流造。

『全国神社名鑑』に載っている写真では瓦葺の社殿だったが、
境内隅の石碑によると、平成四年に鎮座1020年を記念して
社殿を造営し境内の整備が行われたとある。

社伝によると、平安時代諸国に病気が万延した時、
清和天皇の勅命により国家安泰・病気平癒を祈願して、
貞観十一年(869)、尾張国・津島神社を勧請したのが当社の起源。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 7:17 午後