平内神社 (余部)

兵庫県の 平内神社(余部) を掲載しました。

兵庫県香美町香住区にある。
山陰本線・餘部駅の北西へ3Kmほどの御崎集落に鎮座。

壇ノ浦の合戦(1185)で敗れた平家の武将達が
隠岐や対馬へ逃れようとしたがシケのために因幡や但馬へ漂着。

御崎は、平家一門のうち門脇宰相平教盛を大将とし、
伊賀平内左衛門家長、その子光長、矢引六郎右衛門、
小宰相局など7人が流れ着き平家再興を願いながら住み着いた土地。

集落入口に駐車場があり、記念の石碑や墓石が立っている。

その駐車場から少し歩いた場所に境内。
境内の近くには、門脇宰相平教盛等の墓。

境内入口に鳥居が立ち、鳥居脇に大きな木。
境内には、御崎復興の石碑や石祠がある。

社殿は木造の本殿覆屋。中に小ぶりな祠が一つ。

通称は、平内さん(へいないさん)。

正治二年(1200)六月の創祀。
現在の祭神は野椎神だが
社名が示す通り、本来は当地に住みついた平家の武将
平教盛と伊賀平内左衛門家長の御霊荒神を祀る神社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 2:35 午後