下新川神社 (守山市)

滋賀県の 下新川神社(守山市) を掲載しました。

滋賀県守山市にある。
野洲川の河口部から1Kmほどの幸津川町に鎮座。
守山市役所中洲支所の側に境内がある。

境内入口は、477号線に面して南西向き。
境内の向かいの歩道脇に「舟着場跡」という石碑が建っていた。
当社祭神・豐城入彦命が丸太のイカダに乗って
琵琶湖を渡ってきたという伝承があるらしいが
そのイカダが着いた場所だろうか。

社前の石橋の奥に鳥居が建っており、
きれいに整備された砂利の参道が北東へ延びている。
参拝は年末の休日、曇天の早朝で、やや暗かったが、
晴天の日なら綺麗な写真が撮れたかもしれない、
などを考えながら参道を歩く。

参道途中には「祓戸大神」と刻まれた石碑があり、
参道脇の林の中に、境内社が祀られている。
参道の突き当たりに倉があり、左手へ曲がると社殿。
ということで、社殿の向きは南東向き。

境内中央に、入母屋造の大きな拝殿があり、
拝殿の後方、少し離れて垣に囲まれた本殿がある。
垣の前に「神使おしどり」と刻まれた石柱があり
上に鴛鴦の彫刻が乗っていた。

垣の中の本殿は、覆屋根の中。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 10:33 午後