小槻神社 (草津市)

滋賀県の 小槻神社(草津市) を掲載しました。

滋賀県草津市にある。
草津駅の南東3Km、南草津駅の東3Kmほどの青地町に鎮座。
名神高速の近くに境内がある。

境内入口は西向き。
鳥居の脇に「式内 小槻神社」と刻まれた社号標が建っている。
鳥居をくぐり参道を右手に進むと、
石垣の上、社殿の建っている砂利の境内。
この石垣は、明治14年の造営の際
発見された古墳の石材を用いたものらしい。

階段を上ると境内中央に拝殿。
参拝は、年末の休日。
迎春準備のためか、拝殿には紅白の幕が付けられていた。

拝殿の後方、石組の上に、
垣に囲まれて、流造の本殿。
本殿の左右に、境内社の祠があり、
透垣の間から、見ることができる。

案内によると、本殿の右が日吉社・貴布祢社で、
左が恵比須社・熊野社。
ただ、左の祠は三扉なので、
もう一社(あるいは一座)祀られているのではないか、と思う。

創祀年代は不詳。

当地方に勢力のあった小槻山公が
その祖・於知別命を祀ったのが創祀だと思われる。

天徳三年、志津池のほとりの現在地に遷座され、
「池の宮」と称されていた。
(古社地は不明)

式内社・小槻神社に比定され、
天正九年宗源宣旨に、正一位池宮大明神の号証を残した古社。
中世には天児屋根命を合祀した。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 12:15 午後