伊智布西神社 (舞鶴市)

京都府の 伊智布西神社(舞鶴市) を掲載しました。

京都府舞鶴市にある。
JR舞鶴線・西舞鶴駅の西10Kmほどの桑飼下に鎮座。
由良川に沿って走る55号線に面して境内があり、
福地山や綾瀬に近い場所。
綾部宮津道路の舞鶴大江I.C.から、由良川を越えて1Kmほどの場所。

境内入口は北向きにあり、
入口階段の前に、「式内伊智布西神社」と刻まれた社号標が建っている。
その社号標の右手には、自然石の「桑飼下縄文遺跡碑」が建っている。
当地には、縄文遺跡があるようで、
遺物の中には祭祀用の土器も含まれていたという。

数段の階段を登ると、鳥居が建っており、
鳥居をくぐり、参道を進み、さらに階段を登ると社殿のある境内。
境内入口は北向きだが、社殿は東向き。
階段を上って右手に社殿が並んでいる形式。

中央の大きな社殿が、神明造の本殿覆屋。
内部の本殿は流造で、明和三年(1766)に再建されたもの。
本殿の正面、階段を上って左手に拝殿らしきものがあるが
拝殿としては機能していないのではないだろうか。

創祀年代は不詳。
社伝によれば延喜五年(905)の造営という。
式内社・伊知布西神社に比定されている古社。

桑飼下の集落は、もとは、当社の北側、
由良川の堤防上にあったが、明治末期の大洪水で山麓の高地へ移転。
河川改修の際に、縄文・弥生時代から奈良・平安時代にかけての
遺物住居跡が発見されたというほどの、古い土地。

よって、当社の創祀もかなり古い時期なのだろうと思う。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:29 午後