鵜甘神社 (越前市入谷町)

福井県の 鵜甘神社(越前市入谷町) を掲載しました。合計2173社。

福井県越前市にある。
JR武生駅の東10Kmほどの入谷町に鎮座。
201号線(菅生武生線)をひたすら進むと、
日野川の支流・鞍谷川の上流、石休川の近く、
道路に面して境内がある。

境内入口は西向き。
境内は、石段の上にあり、道路より少し高い。
数段の階段を登ると鳥居がある。
鳥居の右手に「式内村社鵜甘神社」と
刻まれていた(と思う)社号標がある。

参道を進むと、境内の奥に社殿があるが
社殿の前の灯籠が一基崩壊しており、
修復を待っていた。(2006年5月初旬)

『福井県神社誌』に、本殿は流造と書かれているが、
この社殿の中にあるのだろうか。

式内社・鵜甘神社の論社。

社伝によると、
神武天皇が大和国吉野河の河尻にお入りの時
簗を作って魚を捕っていた翁がいた。

その翁が「私は国神で贄持の子であります」といい
今後、天神の御子が召し上がる御贄を奉りますといって
生き生きとした香魚(鮎)を献上すると
天皇は大いに喜び
永く膳部(かしわべ)として仕えるように命じられた。
この翁が鵜養部の始祖である。

この翁の子孫が清らかな水を求めて、
鵜養部を率いて住みついた地が入谷であるといい、
鵜養部が、祖神を祀った神社が当社である。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:45 午後