熊野皇大神社(碓氷峠) と 熊野神社(碓氷峠)

長野県にある熊野皇大神社(碓氷峠)
群馬県にある熊野神社(碓氷峠) を掲載しました。

といっても、二社は長野と群馬の県境に、同一の境内に鎮座しているので、写真や内容はほとんど同じです。

熊野皇大神社(碓氷峠)
熊野神社(碓氷峠)

長野県の軽井沢と群馬県の安中市にある。
両社は、群馬県と長野県の県境にある碓氷峠に鎮座。
旧中山道の山道を歩いても参拝は出来るが、
通常は長野県側の軽井沢から車で5Kmほど上る。

軽井沢駅から1Kmほど北上し、旧軽井沢あたりから北東へ。
上り道をとにかく登ると、碓氷峠に到着。
この道は旧中山道になるそうで、こちらの峠は旧碓氷峠。
シルエイティが走っていた碓氷峠はもっと南にある。

この碓氷峠は、長野県と群馬県の県境にあたり、
県境をまたいだ一つの境内に、
長野県側の熊野皇大神社と群馬県側の熊野神社が鎮座。
神主も二人いるという、ちょっと変わった神社なのだ。

以前、群馬県のある神社を参拝し、宮司とお話しした時に
面白いからと宮司に勧められた神社。
近いのでいつか参拝しようと思いながら数年たってしまった。
あの宮司はお元気だろうか。

碓氷峠にはいくつかの食事休憩処の店が並んでおり
旧中山道に面して、境内入口がある。
参拝は初夏の六月、社前の木々の薄緑の葉が茂っていて
鳥居の写真が上手く撮影できなかった。

随神門をくぐると社殿のある境内。
右手の群馬側には群馬県熊野神社の拝殿(神楽殿)があり、
左手の長野県側には長野県熊野皇大神社の拝殿がある。

また、正面には三棟並んだ社殿があり、
中央が群馬(上州)と長野(信州)にまたがった本宮。
右手の上州側には新宮、左手の信州側には那智宮が鎮座。
中門の手前に、左手に「熊野皇大神社」、右手に「熊野神社」と記された
社号標が建っている。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 6:26 午後