島萬神社 (綾部市)

京都府の 島萬神社(綾部市) を掲載しました。

京都府綾部市にある。
綾部駅の北東7Kmほどの中筋町に鎮座。
高城山(298m)の南西麓、
京都縦貫自動車道・舞鶴若狭自動車道のジャンクションの南1Kmほどの場所。

綾部駅から北上し、由良川にかかる白瀬橋を渡り、さらに北上。
八田川を越えて、77号線から74号線へ東へ進み、
74号線を4Kmほど進んで484号線を1Kmほど北上すると
参道入口に白い大鳥居が建っている。

鳥居の脇には「式内 島萬神社」と刻まれた社号標が建っているが
鳥居の扁額には「嶋萬神社」と書かれている。
また、境内の案内板には「島万神社」と記されている。

正式な社号は「島萬神社」だが、漢字の変化はあるようだ。
また、読みは『平成祭データ』には「しままん」となっているが
『明治神社誌料』には「しままの」と記され、
『神社覈録』に「志麻々と訓むべし」とあるらしい。

鳥居をくぐり、車道の参道を500mほど進むと境内入口。
数段の階段をのぼり、参道を進むと古い鳥居が建っており、
鳥居の奥が社殿のある垣に囲まれた境内。

境内中央には拝殿があり、拝殿の後方に板垣に囲まれた本殿。
垣の前面には中門がある。本殿は流造。

参拝は炎天下の八月夏休み。
濃い蒼天の下、日射しが強く非常に暑い日だった。

創祀年代は不詳。

社伝によると、天平八年(732)諸国に疱瘡が流行したため、
翌天平九年(737)疫病平癒祈願のため各地に勧請されたという古社の一。

式内社・嶋萬神社に比定されている神社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 5:42 午前