神明神社 (京都大原)

京都の 神明神社(京都大原) を掲載。


京都の左京区にある。
「京都大原」で有名な大原に鎮座。
寂光院の裏山中腹に境内がある。

京都市街から367号線を北上し
大原で高野川を越えて西へ入る。
寂光院は有名な寺院なので、案内に従って寂光院へ。
寂光院の前を通過し、さらに奥へ入って細い道を北上すると参道入口。

参拝日は夏休みの早朝。京都旅行の最終日。
綾部のホテルを夜明け前に出発し、京都市内に入った頃は未だ暗かったが
境内に到着した頃は、ようやく少し明るくなり始めた時刻。
大原への観光客が目覚めの散歩などをし始めていた。

周辺の駐車場は、大原観光の有料駐車場が多いようで、
少し離れた場所に路駐して徒歩で境内へ向かう。

参道入口は竹棒で閉じられており、
鳥居をくぐった参道には獣除けのフェンス。
フェンスを開け、参道を緩やかに登ると突き当りに階段。
階段をぐるっと上ると、夜明け間近の少し暗い境内。

暗くて写真撮影が困難なので、もっと明るくなるまで待とうかとも思ったが
この後、山越えして琵琶湖を渡り長野まで帰らなければならなかったので
さっそく参拝を開始。
ということで、撮影した写真は露光不足か、手ブレのため良い写真は撮れなかったが、
京都の奥にある「京都らしい古社」は、そんな時刻の参拝がよく似合う、と思う。
境内は樹木の覆われ、青々として清々しい神域だった。

境内には横から入る形式。
一応、拝殿があるが参拝客は本殿の前で参拝するのだろう。

境内には二棟の本殿があり、左が内宮、右が外宮。
ともに美しい神明造で、それぞれに鳥居が設置されている。

創祀年代は不詳。由緒も不詳。

式内社・大柴神社の論社で、「愛宕郡誌」には
「由緒詳ならされども旧社なり、本社二宇相供い境内老杉多し、
文明十八年六月十六日送別の宴を此に開らき歌詠み法楽しける事
廻国雑記に見えたり」とある古社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 6:54 午後