楊原神社 (沼津市)

静岡県の楊原神社(沼津市) を掲載しました。

静岡県沼津市にある。
沼津駅の南東2.5Kmほどの下香貫宮脇に鎮座。
414号線を南下し、港大橋通りを過ぎたあたりで東へ入ると、
道に面して、南向きの境内がある。

境内周囲は、石の垣で囲まれ、
隣りに駐車場がある。

参拝は、年末十二月三十日の早朝。
日の出直後で、無人の境内。
空は濃い青色で、地平線近くは薄い桃色。
こういう時刻の参拝が、最近の好み。
境内の中央に座り込んで、熱い缶コーヒーを飲みながら
明るくなるのを待って参拝開始。

砂利の境内は、比較的広く
境内奥(北側)に、南向きの赤い社殿。
コンクリート造のようで、拝殿の後方に本殿が接続した形。
赤い柱と緑の屋根が美しい社殿。

本社社殿の右手には、摂社・吉田神社。
安政五年、下香貫で大流行した疫病から村民を守るため
横山続きの峯に創建されたもの。
明治二十八年、当社境内に遷された。

創祀年代は不詳。

「三代実録」によると、貞観元年に従五位上を授けられ、
「伊豆國神階帳」に「従一位やきわら明神」とある古社。

式内社・楊原神社に比定されている神社で、
田方郡唯一の名神大社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 9:04 午後