久流比神社 (豊岡市)

兵庫県の 久流比神社(豊岡市) を掲載しました。合計2151社。

兵庫県豊岡市にある。
山陰本線・城崎温泉駅から南西3Kmほど
来日岳(556.7m)の南東麓、城崎町来日に鎮座。

円山川に沿って南下し、結和橋あたりで
来日川に沿って500mほど西へ。

道路を走行していると、
来日川の向こう、田の奥に社域の小山が見えてくる。
集落に入り、少し歩くと参道の小道。
道の奥、西向きに境内入口の鳥居が見える。

鳥居の脇には「式内 久流比神社」と刻まれた立派な社号標。
「タモの樹」と呼ばれる巨木のある参道階段を登ると境内。
階段の上に入母屋造の社殿が建っている。
拝殿の扁額には、丸い笠の付いた電球がつけられている。

創祀年代は不詳。

式内社・久流比神社に比定されている古社で、
祭神は闇御津羽神。

もとは来日岳に鎮座していたが
麓(宮代谷)に移されて後、宮代さんと呼ばれていた。
慶長十一年(1606)宮代の裏山が崩壊したため
現在地に遷座したという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 5:14 午後