志波姫神社 (古川桜ノ目)

宮城県にある 志波姫神社(古川桜ノ目) を掲載しました。合計2139社。

宮城県大崎市(旧古川市)にある。
古川駅の北西3Kmほどの古川桜ノ目に鎮座。
江合川の北側、江合川にかかる桜の目橋の近くに境内がある。
境内入口は南側(だったと思う)。
参道入口に石鳥居が建ち、
鳥居の右手に「志波姫神社」と刻まれた社号標。

鳥居をくぐり参道を進むと朱の鳥居。
参道の右手は砂地の広場のような感じ。

さらに参道を進み、数段の階段を登ると社殿がある。
社殿は濃い褐色。入母屋造の拝殿の後方に本殿がある。

拝殿の屋根には桐紋が付けられており
中央には菊の紋。

社伝によると、
天平神護元年(765)の創祀。

式内社・志波姫神社の論社の一つで、
『三代実録』に「志波姫神従四位下」とある古社。

もとは現在地から7・800m離れた桜ノ目集落内にあったが
元禄六年(1693)、領主石母田氏によって
現在地に遷座された。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 4:07 午後