佐嚢神社 (朝来市)

兵庫県の 佐嚢神社(朝来市) を掲載しました。合計2102社。

兵庫県朝来市にある。
播但線・新井駅の西、直線距離で3Kmほどの佐嚢に鎮座。
新井駅から円山川に沿って70号線を南下し
播但連絡道の朝来I.C.方面(西)へ。
神子畑川に沿って429号線を2Kmほど進み、
佐中川との合流点で北へ進み、
神子畑川にかかる大宮橋を渡るとすぐ。
道路の左側(西)に社域の林が見える。

南向きの境内入口で、左右に石碑が立っている。
右の石碑は社号標で、「式内佐嚢神社」と刻まれている。

鳥居をくぐり参道を進むと
奥の一段高い場所、石段の上に社殿。
入母屋造の拝殿の後方に流造の本殿があるのだが、
本殿の側面はブルーシートで覆われていた。
雨除けだろうか。

参拝は五月の連休。
境内の地面は薄っすらとした緑。
背の高い雑草がほとんど見られない。
僕の家の狭い庭ですら、雑草が繁っているのに
大切に清掃されているのだろう。

大宮の地にあり、大宮大明神とも称され
式内社・佐嚢神社に比定されている古社。

一説に、寛正五甲申年(1464)の勧請というが、
これは、現社地への勧請(遷座)時期を示すものと思われる。

三代実録に「貞観十年(868)閏十二月廿一日
庚戌授但馬国正六位上左長神従五位下」とあり
「佐長」とも呼ばれた神社。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 8:17 午後