高諸神社 (福山市)

広島県の高諸神社(福山市)を掲載しました。合計1938社。

広島県福山市にある。
松永駅の西1.5Kmほどの今津に鎮座。
尾道にも近く、本郷川と藤井川に挟まれた場所。
2号線の北側にある小さな丘の上が境内。

境内入口は北にあり、鳥居をくぐると
正面に小さな丘。
階段を登ると社殿がある構造。

参拝は年末の午後。
北側の入口からは、完全に逆光になってしまった。
というわけで、非常に眩しかったという印象。
境内には、「初詣」の幟が並んでいた。

社伝によると、白鳳五年六月の創祀。

当社は、通称を「おつるぎさん」といい、
剣大明神とも称したが、
剣大明神としての縁起によると、
白鳳五年、今津村の海岸に難破船が漂着。
三人の乗組員が居たが、言葉が通じず、
村長の田盛が、筆談したところ、
中の一人は、新羅国王であり、
劉仁軌の乱を逃れて日本に来る途中遭難したという。
漂着の翌年、没したので葬ったが、
その翌年、田盛の夢に現れ、
「吾は素盞嗚尊なり」と託宣があったので
これを祀り、剣大明神としたという。
ということで、創祀は白鳳七年ということになる。

創祀年代は、一定していないが、
式内社・高諸神社に比定されている古社なのだ。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 12:29 午前