諏訪神社 (新居町)

静岡にある、諏訪神社(新居町) を掲載しました。合計1861社。

浜名湖の入口、静岡県新居町にある。
JR新居町駅の西1Kmに鎮座。
中学校へ向う道沿いに参道入口の鳥居が立ち、
鳥居の左脇に『諏訪神社』の社号標。

数十mの参道を歩くと境内入口の鳥居。
木々に囲まれた境内は、落葉も掃き清められた清らかな空間。
鳥居の正面に社殿が建ち、
境内左手に、いくつかの境内社が並んでいる。

本殿は、拝殿後方に一段高く、
石の垣に囲まれて鎮座。
向拝が付けられていることは確認できるが、
よくわからない。

社伝によると、
景行天皇十九年八月の創祀。
新居宿の総氏神として、
古来延喜式内社浜名五座の一社、
猪鼻湖神社と称え猿田彦神を奉斎していたという。

この記録は、たぶん室町初期の『文和風土記』、
「景行天皇十九年 所レ祭猿田彦神也」
という記述を根拠としているものだろう。

その後、天正十年三月天目山の戦が終ると、
山本勘助の重臣井口嘉末なるものが、
当地に来住し飯田嘉末と改姓して、
信州諏訪大明神を勧請したことから、
諏訪神社と称するようになったらしい。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 9:38 午後