與喜天満神社 (初瀬)

奈良の 與喜天満神社(初瀬) を掲載。合計1759社。

長谷川にかかる赤い橋を渡り、階段を登ると赤い鳥居。
さらに階段を登ると境内。

境内は、一段高く垣の中に社殿が並ぶ。
中央に本殿。左右に二社・三社の境内社が並んでいる。

『長谷寺霊験記』によると、
天慶九年(946)天満天神の化身神殿太夫武麿が
長谷の滝蔵社・観音堂などに参詣したところ、
滝蔵権現が、伽藍の守護を天満天神に譲り、
東の峯は、断惑修善に良き地なのでその峯に住むように命じたため、
天神は雷神となって降臨し、与喜大明神と称したという。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 7:17 午後