白川八幡社 (氷見市)

富山県にある、白川八幡社(氷見市) を掲載しました。

富山県氷見市にある。
氷見線・氷見駅の北10Kmほどの白川に鎮座。
能越自動車道の灘浦I.C.から西へ1Kmほど。
宇波川の北側、70号線の脇にこんもりと茂った杜がある。

境内入口は西向き。
数段の階段を上ると鳥居があり、鳥居の右手に
「村社 八幡社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐると参道に大きな木が立っており階段が見えるが奥は見えない。
参道を進み、階段を上ると樹木に囲まれたドーム状の境内。
境内奥に、どっしりとして風格のある拝殿があり、
拝殿の後方、階段上に本殿を納めた覆屋がある。
拝殿にはテント地のシートが設置されているが雪除けだろうか。

拝殿の前に氷見市指定工芸品である鰐口がぶら下がっている。
明暦三年(1657)九月鋳造と銘があり、
鋳物師、加賀の宮の宮崎彦助藤原朝臣吉智。
紀念銘のある鰐口では県内最古だそうだ。

鳥居には「八幡社」とあり、拝殿の扁額には「八幡宮」。
神社庁の資料にも八幡社とあるので、正式な社号は八幡社。
ただし、入口にあった鰐口の説明には白川八幡社とあり
氷見市内の他の八幡社と区別するため、
このページでも白川八幡社としておく。

創祀年代は不詳。
天明六年の明細帳に白川村産神古来よりの神地とあるらしい。

境外末社の楯鉾神社は、三代実録に、貞観六年(864)三月廿三日
「授和泉國從五位上積川神從四位下。遠江國正六位上筑紫對馬神。
越中國正六位上楯桙神並從五位下」とある楯桙神で、式外の古社。

楯鉾神社の祭神は『富山県神社誌』や『平成祭データ』にも記されておらず
楯鉾神としかわからないが、八幡神と同様に武神であるのかもしれない。
ただ、神名に楯を持つ神や、鉾(桙・矛)を持つ神はいるが
両方を持つ神は、僕は知らない。

個人的には「矛盾の神」であったら面白いのに、
などと考えながら参拝した。



A. 掲…掲載 — gensyoushi 7:53 午後